~葬儀場探しも安心~ 優良葬儀社評判ランキング

Home > 葬儀社を選ぶポイント > お葬式はどこで行うのが無難なのか

お葬式はどこで行うのが無難なのか

 お葬式を行う場所にはさまざなところがあり、それぞれに特徴があります。たとえば、葬儀専用の式場であれば、施設や設備が充実していることはもちろん、比較的日程の融通が利きやすく、宿泊施設や入浴施設が整っているところもあるのが利点です。その反面、葬儀社直営式場の場合は他の葬儀社は利用できないことになっています。
 また、寺院でお葬式を行うのであれば、檀家であれば本堂を優先的に利用可能です。寺院に併設された貸し式場であれば宗派に関係なく利用できることもあります。ただし、寺院によっては葬儀社が限定されたり、檀家優先なので希望の日に利用できないこともあります。そして、公営斎場も選択肢の一つです。利用料が安く、火葬場が併設されているところもあるので、一か所で通夜から火葬まで行えるのが利点です。しかし、居住者以外は利用できないこともあり、それ以外であれば別料金が設定されているところもあります。それぞれの特徴を把握しながらどこが合うかを判断することが大事です。


 お葬式に関する考えが違う時にはどうするか

 故人が小さなお葬式を望んでいたのにもかかわらず、故人の兄弟に反対されてしまうケースも少なくありません。自分が亡くなった後の遺族の生計などを考慮して、なるべく葬儀費用をおさえようというのが故人の遺志だとすれば、遺族はなるべく遺志に沿ったお葬式を執り行うようにします。
 ただし、故人の兄弟からしてみれば、故人の死を悼み、遺族への気持ちから反対したことが考えられるため、頭から否定するのではなく、身内を中心としたお葬式になるけど、だからこそ心のこもったお見送りをしたいという気持ちをきちんと伝え理解してもらう気配りが必要です。葬儀のことで親戚との関係をこじらせることこそが、故人にとっては一番悲しいことであるということを両者が理解し合うことが大事になります。また、家族間でも世代の価値観のズレにより派手派、シンプル派にわかれやすいため、生前からよく家族で話し合っておくことが重要です。


 お葬式にかかるお金を知ることもポイントです

 お葬式のことをあまり知らない方もたくさんいますが、知らないことが多いまま、準備を進める必要が出た時に、お金がたくさんかかることを知り、困ってしまう方もいます。きちんとこれからのことを考えて、対応していくことができるように、お葬式にはどのくらいのお金がかかるのかを調べていくことも重要なポイントになります。予想以上にお金がかかってしまう場合もあるため、葬儀会社の比較をして、料金の違いを知ったり、費用を抑えて対応してくれるところを見つけることも大切です。
 いろんなプランを用意してくれるところを探す事もできますし、市役所などで相談をすることで、費用を抑えられる方法を見つけられる場合もあります。相場もきちんと知っておくことで、これからのことを考えて、家族が困らないように生命保険に入るなどの対策を取りやすくなります。

次の記事へ

カテゴリー