~葬儀場探しも安心~ 優良葬儀社評判ランキング

Home > 葬儀社を選ぶポイント > 自分の葬式のスタイルを自分で考える

自分の葬式のスタイルを自分で考える

かつては、自分の葬式のスタイルを自分で決める人はほとんどいませんでした。
自分で決めると言うことは、生前から動き出さなければいけないので、縁起が悪いと考えられていたからです。
故人の葬式のスタイルを決めるのは遺族の仕事でした。
しかし、自分らしさを求めることが普通の時代になり、生前から自分の葬式の準備をするのが当たり前と言われるようになってきています。
終活と言う言葉も完全に定着しました。
終活と言えば、エンディングノートのイメージが強いです。
これに自分の希望を書けばいいわけですが、法的拘束力はないと言うことを分かっておきましょう。
もし強く希望するならば、生前契約をしておくことです。
しかし、生前契約は自分一人で勝手に契約を結ぶことはできません。
家族の同意が必要になります。
きちんと話し合うようにしましょう。



夫が臨終したらお葬式の前に妻がすること

夫が亡くなるとすぐに葬儀社を決める必要があり、病院で亡くなっても基本的にそこでは遺体を安置してくれないからです。
そのため、自宅に運ぶかお葬式を執り行う葬儀社に運ぶかということになります。
遺体の搬送に関しては自家用車でおこなうこともできますが、業者に頼んだほうが安心で、この時点でどこでお葬式をおこなうかを決めていなくても、遺体の搬送だけをとりあえず頼むことも可能です。
葬儀社を選ぶときには、夫が生前決めていた葬儀社や互助会があるならそこへ連絡を入れます。
よくあるのが、もし、決めていないということで看護師が病院と契約をしている業者のパンフレットなどを数社分渡してくれるケースです。
絶対使わないといけないということではないので、断っても問題ありません。
また、夫の実家に菩提寺がなく妻である自分に決定権があるのなら、病院の勧める中から選んで一切を頼むのもひとつの方法です。



知らないと二度お葬式をおこなうことに

夫の実家に菩提寺があるケースや夫の親がまだ生きている時、そして親戚づきあいをする中で、口うるさい人がいたなという経験がある場合には、妻として、まずは夫が亡くなった旨を実家に連絡してお葬式の相談をするのが無難です。
とくに先祖代々のお墓や位牌を置き、菩提を弔う菩提寺がある場合、そのお寺で葬儀をやらなければいけないので、そうなると頼める業者も限られてきます。
祖父母や両親が生きている場合、夫自身も身内の葬儀の経験がないまま亡くなっていることも多いので、菩提寺の存在を知らないこともあり、不要な争いを避けるために確認が必要です。
仮に菩提寺以外でお葬式をしてしまった場合、遺骨を菩提寺に埋葬するときに、もう一度この形式できちんと葬儀をおこなう必要があるという話になってきます。
あまり聞かない話かもしれないですが、二度、葬儀をおこなうはめになってしまったという、この手のトラブルは非常に多いので注意が必要です。

次の記事へ

カテゴリー