~葬儀場探しも安心~ 優良葬儀社評判ランキング

Home > 葬儀社を選ぶポイント > 葬式に着て行く服とアクセサリー

葬式に着て行く服とアクセサリー

葬式も儀式の一つですからキチンとした服装でいく必要があります。
まず、しっかりとした大人であれば喪服を着ていきましょう。
これが常識的なことであるといえます。
そしてアクセサリーですが男性の場合はほぼしていく意味がないですし、しないほうがよいでしょう。
ネクタイピンくらいはよいでしょうが基本的に落ち着いた雰囲気のものにしたほうがよいです。
では、女性は、となりますがこちらも派手なものは避けるのが常識です。
具体的には真珠のみです。
金やプラチナのアクセサリーへはやめておいたほうがよいですし、それがマナーですが真珠のみは大丈夫、という共通認識があります。
これは真珠自体がそこまで強い輝きを放つことがないからであり、落ち着いた雰囲気であるからでしょう。
装飾をするな、とはいいませんがあくまで弔事なわけですから、華美にはならないようにするべきです。



葬式をするときにはどうすればよいのか

お葬式とは実は義務ではないです。
意外と勘違いしている人が多いのですが、葬儀をしないと埋葬できない、というわけではないです。
ですから、直接的に火葬場にもっていき骨にすることも不可能ではないです。
しかし、色々としがらみがあるでしょうから基本的に殆どの人が葬儀はします。
では、まずはどうすればよいのか、となりますと馴染みの葬儀屋があればそこに話を持っていきましょう。
遺体を預かってもらうこともできるでしょう。
当たり前ですがどんどん腐敗していくことになりますから、それをまずは止める必要があります。
冷蔵しておく、となるわけです。
後はどんな葬式にするのかの話し合いです。
現実問題として費用も考えるべきことになりますし、それは間違いなくまず最初に決めるべき点です。
そして費用と規模が決まったら葬式をすることを連絡します。
これが一連の流れです。



葬式はどのくらいの費用を用意しておくべきか

葬式とはそれなりに費用がかかることになります。
相場があるわけではないのですが、それでも業者に頼むのであれば100万円以上はかかることになりますから、覚悟しておきましょう。
但し、安くする方法がないわけではないです。
具体的には直葬があります。
これはそのまま火葬場にいく方法であり、葬式とは言いがたいと考えるかもしれませんが葬儀の種類の一つの種類ではあります。
葬式における費用はトントンか或いはプラスになることもあります。
不祝儀はそんなに多いわけではありませんから、そんなに多くあるわけではありませんが多く参列してくれれば意外とプラスになったりすることもあります。
葬儀の規模をよく考えて、どのくらいの費用をかけるべきかを決めましょう。
人があまり来ないのに壮大な葬儀をしたところで意味はそんなにないといえるからです。

次の記事へ

カテゴリー